意味・由来 Meaning and origin

 

記紀神話に出てくる大烏、あるいは頭の大きな大烏。

 

「やた」とは「大きい」という意で,大烏のこと。

古代日本人が烏にある種の霊能を

認めていたことを示すものと思われる。

 

日本書紀では神武天皇東征の際、天照大神

(あまてらすおおみかみ)の使神として

大烏となってあらわれ、道案内をしたとある。


奈良の八咫烏神社にまつられる。

 

中国古代の説話では、

太陽の中にいるという3本足の赤色の烏。

また、太陽の異称。

 

以上、コトバンク 八咫烏 より

 

JFA財団法人日本サッカー協会のマークとして

使用されている。

八咫烏 間伐材木製ペンダント YATAGARASU Wooden Necklace

$50.00Price
  • 税込み、送料込み ¥5000 ご購入は こちら

     

    This product is Japan limited sale in now.

  • ペンダントトップ、留め具:国産間伐材

    (塗装なしの無垢材)

    紐、房:レーヨン

     

    間伐材とは? また樹種の特徴の違いは

     こちら をご覧ください。

     

    *写真の商品は長野県産間伐材の

     エンジュ(魔除けの意、強度:硬い)にて作成

     他の樹種もご用意しております。